関連する法令について

CPマーク

近年、住宅などの建物に侵入して行われる強盗や侵入窃盗犯が急増し、その手口が凶悪化していることを受けて、防犯性能の高い建物部品の開発と普及を行うことを目的に、平成14年11月25日に官民連携の会議体が構成されました。

構成メンバー

行政 警察庁、国土交通省、経済産業省
協力団体 板硝子協会、日本ウインドウ・フィルム工業会、
日本サッシ協会、日本シャッター・ドア協会
日本ロック工業会(5団体)
関連団体 全国防犯協会連合会、日防連、全警協、ベターリビング、
建築業協会、住宅生産団体連合会、日本建築士連合会、
日本建築家協会、損保協会

防犯性能が高い建物部品の定義

官民合同会議では、侵入者がピッキングやドア錠のこじ破りなどの行為を開始してから、建物の内部に侵入が可能になるまでの時間を「抵抗時間」と呼び、各製品別に決められた試験の結果、抵抗時間が5分以上であることが確認されたものを「防犯性能が高い建物部品」と定義している。

防犯性能試験に合格

試験方法は次の手口で実施し、攻撃開始から5分以上(打ち破りは1分以上)、人体が通過できる状態にならなかったものを合格としている。

CPマークの貼付に関して、日本ウインドウ・フィルム工業会は下記の付帯条件を規定している

窓ガラスの種類別CPマーク貼付の必要条件

「総厚が350μ mのポリエステルフィルム製ウインドウフィルムについては、総厚5mm以上のフロートガラスに貼付すること及び工業会が指定する接着剤を使用すること」とし、下記条件に基づき防犯フィルム適合製品を施工した場合、CPマークを貼付することができる。

○印は必要な施工条件を示す。

項目 施工条件 可動式単板ガラス (含、網入りガラス) 可動式複層ガラス (含、網入りガラス) FIX単板ガラス (含、網入りガラス) FIX複層ガラス (含、網入りガラス)
1 単板ガラスにおいては、
厚みが5㎜以上
○ ○ ○ ○
2 複層ガラスにおいては、
フィルムを貼付するガラスの厚みが5㎜以上
/ ○ / ○
3 ガラスの露出部全面、
もしくは呑み込みを含むガラス全面に貼付
○ ○ ○ ○
4 クレセントがサブロック
機能付き
○ ○ / /
5 補助錠の設置 ○ ○ / /
6 建築フィルム1級・2級の資格者による施工 ○ ○ ○ ○

平成27年4月10日

Crime Prevention(防犯)の頭文字をシンボル化している

CPマック

CPマークは官民合同会議が公表する「防犯建物部品目録」に申請、登録された建物部品のみ貼付できる

防犯フィルム適合製品

株式会社FNC (旧、(株)セイコーステラ) SSP1218CL
株式会社FNC (旧、(株)セイコーステラ) SSP1218WG
株式会社サイバーレップス SEPRO SS-400
株式会社サイバーレップス SEPRO SS400S
サンゴバン株式会社 (旧、べカルトジャパン) アーマコート14MILCLEAR
サンゴバン株式会社 (旧、べカルトジャパン) アーマコート16Mil Textured
三晶株式会社 LC-14HC
三晶株式会社 LC-18HC
スリーエム ジャパン株式会社 SH14CLAR
スリーエム ジャパン株式会社 SH15CLAR
スリーエム ジャパン株式会社 SH15CLAR-A
スリーエム ジャパン株式会社 NANO80CP
スリーエム ジャパン株式会社 ULTRA2200
スリーエム ジャパン株式会社 ULTRA2200-A
スリーエム ジャパン株式会社 ULTRA S2200
株式会社 ユタカ ウインドバリヤ SEC-1260
株式会社ライフガードジャパン LG440
リケンテクノス株式会社 RIVEX SS1490C
リケンテクノス株式会社 RIVEX SS 450T
リンテック株式会社 ルミクール1561UH
※五十音順で表記 2016年6月1日  現在