関連する法令について

JIS:日本工業規格

窓ガラス用フィルムには、「建築窓ガラス用フィルム」のJIS A 5759と「自動車窓ガラス用フィルム」のJIS S 3107の2種類があります。

*適合製品は以下の規格を満足したものとなります。

「建築窓ガラス用フィルム」のJIS A 5759について

この規格は、主として建築物の窓・出入口などに用いられる無機ガラスを対象とし、アクリル樹脂板、ポリカーボネイト樹脂板などの 有機ガラスについては対象外です。

JIS A 5759_2016   建築窓ガラス用フィルムの種類と性能















フィルムの性能

種類

日射調整フィルム

低放射フィルム

衝撃破壊対応ガ
ラス飛散防止フ

ィルム

層間変位破壊対

応ガラス飛散防

止フィルム

ガラス貫通防

止フィルム

内貼り用

外貼り用

内貼り用

内貼り用

外貼り用

内貼り用

外貼り用

内貼り用

記号

SC-1

SC-2

LE

GI-1

GI-2

GD-1

GD-2

SF

一般的品質

フィルムは、透明性、均一性、強じん性、可とう性、及び温湿度の変化による寸法安定性を持つほか、次による。

a)フィルムは、ガラスを汚損又は腐食してはならない。

b)フィルムは、ガラスに均一に接着し、かつ、必要に応じて剝がすことができなければならない。

c)フィルムは、貼り付けの作業性が良好でなければならない。

外観

外観は、フィルム透視に差し支えるような汚れ、泡、脈理、きず、異物などがあってはならない。

性能による区分

・可視光線透過率

60%未満

・遮蔽係数

A 0.40未満

B 0.40以上0.60未満

C 0.60以上0.85以下

・可視光線透過率

60%未満

・熱貫流率(W/㎡・K)

A 4.2以下

B 4.2を超え4.8以下

A 鋼球落球試験Aに適合するもの

・可視光線透過率

60%以上

・遮蔽係数

D 0.60未満

E 0.60以上0.85以下

・可視光線透過率

60%以上

・熱貫流率(W/㎡・K)

C  4.2以下

D 4.2を超え4.8以下

B 鋼球落球試験Bに適合するもの

フィルムの許容差

厚さ:±10%  幅:+5mm、 -0mm  長さ:マイナスを認めない

紫外線透過率(%)

3以下

引張強さ(N)

50以上

50以上

100以上

100以上

800以上

伸び(%)

60以上

粘着力 (N) ※1 

2以上

2以上

4以上

4以上

8以上

耐候性

試験

時間(h)

1000

500

1000

2000

1000

2000

1000

2000

試験

項目

・外観

・遮蔽係数

・粘着力

・外観

・熱貫流率

・粘着力

・外観

・粘着力

・外観

・粘着力

・外観

・粘着力

評価

・フィルムの外観は、膨れ、ひび割れ、端の剝がれなどの異常があってはならない。

・フィルムの粘着力は、※1の性能に適合しなければならない。

遮蔽係数は耐候性試験前の性能値に対し、その変化が±0.10の範囲とする。

ただし、記号Cと記号Eの値は0.85以下でなければならない。

熱貫流率は耐候性試験前の性能値に対し、その変化が±0.4W/㎡・Kの範囲とする。ただし、記号Bと記号Dの熱貫流率は4.8W/㎡・K以下でなければならない。

ガラス

飛散

防止

性能

ショット

バッグ

試験

1)ガラス破片10個の質量80g以下で、最大破片1個の質量55g以下

2)落下高さ450mmの加撃を10回繰り返してもガラスが破壊しない場合。

層間

変位

試験

ガラス飛散防止率95%以上

ガラス

貫通

防止

性能

鋼球

落下

試験 A

落下高さ3000±50mm貫通しないこと

鋼球

落下

試験 B

落下高さ1500±50mm貫通しないこと






「自動車窓ガラス用フィルム」のJIS S 3107について

この規格は、自動車の窓ガラスに用いられる無機ガラスを対象とし、ポリカーボネイト樹脂などの有機ガラスについては対象外です。

JIS S 3107_2013   自動車窓ガラス用フィルムの種類と性能

種類

日射調整フィルム

ガラス飛散防止フィルム

記号

V-SC

V-GS

一般的品質

フィルムは、透明性、均一性、可とう性、及び温湿度の変化による寸法安定性を持つほか、次による。

a) フィルムは、ガラスを汚損又は腐食してはならない。

b) フィルムは、ガラスに均一に接着し、かつ、必要に応 じて剝がすことができなければならない。

c) フィルムは、貼り付けの作業性が良好でなければならない。

外観

外観は、フィルム透視に差し支えるような汚れ、泡、脈理、きず、異物などがあってはならない。

遮蔽性能による区分

A  0.60未満

B  0.60以上0.80未満

C  0.80以上0.90未満

可視光線透過率(%)

89以下

紫外線透過率(%)

3以下

引張強さ (N/25mm)

50以上

100以上

伸び(%)

60以上

粘着力(N/25mm)※1

2

4

耐燃性

自消性

耐候性

試験時間

(時間)

1000

試験項目

・外観 

・遮蔽係数  

・粘着力

・外観 

・粘着力

評価

・フィルムの外観は、著しい変色、膨れ、ひび割れ、端の剝がれなどの異常があってはならない。

・フィルムの粘着力は※1の値を満足しなければならない。

遮蔽係数は、耐候性試験前の性能値に対し、その変化が±0.20の範囲とする。ただし、記号B及び記号Cの遮蔽係数は0.92以下でなければならない。

ガラス飛散防止性能

ガラス飛散防止率は95.0%以上