関連する法令について

JIS:日本工業規格

JIS-A5759について
2008年6月20日 改正 「建築窓ガラス用フィルム」

この規格は、主として建築物の窓・出入り口などの用いられる無機ガラスを対象とし、アクリル樹脂板、ポリカーポネート樹脂板などの有機ガラスについては対象外です。

*適合製品は以下の規格を満足したものとなります。

用途による区分

種類 記号
日射調整フィルム SC
ガラス飛散防止フィルム GS
ガラス貫通防止フィルム SF

遮蔽係数による区分

遮蔽係数 記号
0.40未満 A
0.40以上、0.60未満 B
0.60以上、0.85以下 C

可視光線透過率

87%以下でなければならない

熱貫流率

5.9W/m²K以下でなけらばならない

紫外線透過率

3%以下でなければならない

粘着力

性能 日射調整フィルム 飛散防止フィルム 貫通防止フィルム
粘着力(N/25mm幅) 2以上 4以上 8以上

引張り強さおよび伸び

性能 日射調整フィルム 飛散防止フィルム 貫通防止フィルム
引張り強さ(N/25mm幅) 50以上 100以上 800以上
伸び(%) 60%以上 60%以上 60%以上

ショットバック試験による性能

飛散したガラスの大きな破片を10個選び出し、その重量が80g以下、且つ、最大破片の1個の重量が55g以下とする。(ガラスの厚みは5mm)

層間変位試験による性能

飛散防止率は、95%以上とする。(ガラスの厚みは5mm)

ガラス貫通防止試験

次のいずれかを満たさなければならない。(鋼球が貫通しなければ合格)

(1)
鋼球落下試験(A)による性能
落下高さ:3000mm(3m)
(2)
鋼球落下試験(B)による性能
落下高さ:1500mm(1.5m)
試験体: 厚み5mm、幅900mm、長さ1100mm
鋼球: 直径 100mm、質量 4.11Kg
落下回数: 3角形の各頂点へ落下(合計3回)

耐候性試験

フィルムは、膨れ、ひび割れ、端のはがれなどの異常があってはならない。
日射調整フィルムの遮蔽係数は、その変化が±0.20の範囲とする。但し、記号C区分の遮蔽係数は、0.92以下でなければならない。
粘着力は、基準値を満足しなければならない。

(試験時間)

性能試験 日射調整フィルム 飛散防止フィルム 貫通防止フィルム
試験時間 1000 2000 2000