ウインドウ・フィルムとは

“防災フィルム”とは、台風や突風による飛来物が窓ガラスを貫通するのを防ぐ建築窓ガラス用フィルムです。
近年、日本を襲う台風は強力になり2018年の台風21号では、最大瞬間風速58.1m/秒の風が吹き、関西地区を中心に建物のガラスが割れたり屋根が飛んだりと甚大な被害をこうむりました。
また、2019年にも台風15号、19号が猛威を振るい、特に千葉県を襲った台風15号では最大瞬間風速57.5m/秒の風が吹くなど、風による被害が大きくなっていることから窓ガラスへの安全対策として飛来物を貫通させない“防災フィルム”の施工が重要となっています。

ウインドウ・フィルムとは

日本ウインドウ・フィルム工業会は、加盟企業の製品でJIS R 3109(建築用ガラスの暴風時における飛来物衝突試験方法)に合格した「強風時の飛来物による災害防止性能を持つフィルム」を“防災フィルム”と規定する。

ウインドウ・フィルムの種類

“防災フィルム”のJIS R 3109に基づく評価試験 (京都大学防災研究所 丸山研究室)



丸山教授のプロフィール

丸山 敬(まるやま たかし)

京都大学防災研究所 気象・水象災害研究部門 耐風構造研究分野

教授 工学博士

6mm厚のガラスに350μmのフィルムを貼り、JIS R 3109に基づく評価試験を実施した結果、ランクCの防護性能を持つ“防災フィルム“と評価することができる。
これは、単に飛来物の衝突・破壊時のガラス片の飛散を抑えるだけでなく、貫通による飛来物の室内への侵入を防ぎ屋内の人を守り、室内の気圧の急激な変化を引き起こし、屋根が飛ぶなど重大な被害を生じさせる原因となる大きな開口部を生じさせない。
このような性能を持つ「強風時の飛来物による災害防止性能を持つフィルム」を“防災フィルム”と称するのは適当であると考える。

ウインドウ・フィルムとは

評価試験の結果、防災フィルムは国土交通省が定める基準風速41m/秒未満の地域の建物に施工することができます。規準風速41m/秒未満の地域は、下記を除きほぼ全国をカバーしています。
(基準風速41m/秒以上の地域:沖縄県並びに高知県室戸市、鹿児島県島しょ部、東京都八丈町・小笠原諸島等)
詳細は「平成12年5月31日建設省告示第1454号」第2の「各地方の基準風速一覧」をご覧ください。

「各地方の基準風速一覧」はこちら

ウインドウ・フィルムとは

日本ウインドウ・フィルム工業会が認定する「防災フィルム施工者」が、同工業会が推奨する仕様に基づき施工・確認を行い、防災フィルム施工済ラベルを貼付します。